自己処理脱毛でダメージを防ぐには

MENU

自己処理脱毛でダメージを防ぐには

自己処理脱毛のデメリットには、もっと決定的なポイントがあります。

 

それは、毛周期を狂わせて、いざフラッシュ脱毛やレーザー脱毛を受けようとしたときに効果が出にくくなることがあるということです。

 

こんなことは誰にでも起こるわけではありませんが、特にしてはいけないのは脱毛サロンや脱毛クリニックに通う前に毛抜きでムダ毛を抜いてしまうこと。

 

なぜなら、フラッシュや医療レーザーが狙うのは、毛根のメラニン色素だからです。

 

毛抜きでのムダ毛処理は、そのターゲットを奪ってしまうということ。

 

だから、事前に毛抜き脱毛をしてしまうと、サロンやクリニックで脱毛しても無駄になってしまうのです。

 

この事実を知らずに脱毛に出かけて、効果がなかったという口コミを述べる人もいます。

 

そうではなく、自己処理をせずに脱毛を受けたほうがよかったのです。

 

しかし、脱毛に行こうと思ったときが通い始めどき。

 

脱毛エステや脱毛クリニックでも、施術前には除毛をしてくるのをルールにしているところが少なくありません。

 

あくまでも表面に伸びているムダ毛を処理するように求められているだけですから、毛を抜かないように注意してください。

 

処理に関する注意は、脱毛エステや脱毛クリニックでもカウンセリング時に教えてくれます。

 

ジェルやムース、石鹸などで肌を保護したら、ソフトに肌にカミソリを滑らせましょう。

 

処理が終わったら、肌を十分に保湿してあげてください。

自己処理脱毛でダメージを防ぐには関連ページ

危険なムダ毛の自己処理
肌ダメージの強い自己処理脱毛