肌ダメージの強い自己処理脱毛

MENU

肌ダメージの強い自己処理脱毛

多くの女性が体験している、シェーバーでの脱毛。

 

昔の安全カミソリを思えば、現在のレディース用カミソリは安全性が高くカミソリ負けも少なくなっています。

 

とはいえ、下ろしたてのシェーバーは切れ味がよく、あまり力を入れなくても肌から血がにじんできたということがないでしょうか。

 

どんなに安全なカミソリでも、肌の表面を傷つけていることには違いありません。

 

細かな傷がつき続けることで、肌表面を守ってくれている皮脂が不足し、乾燥肌になってしまうこともあるでしょう。

 

口コミでもよく出てくる、埋没毛を起こしやすくするのが毛抜きによる脱毛です。

 

カミソリでの除毛よりも、ムダ毛が一時的にきれいに姿を消してくれるのが毛抜き脱毛のメリット。

 

とはいえ、抜き方を間違えると、毛が皮膚の中に埋没してしまうトラブルが起こりやすくなります。

 

埋没毛は、時を待てば自然に毛穴から出てくるものではありません。

 

そのうち皮膚の中で溶けてなくなるのを待つのみですが、どうしても見た目に気になって皮膚をほじくってしまう人が多いでしょう。

 

そうなれば、カミソリ脱毛での肌トラブル以上の肌ダメージとなってしまいます。

 

跡が残って、むしろ汚い肌になってしまうこともあるのです。

 

除毛クリームは、化学薬品を肌に塗って体毛を溶かすわけですから、やはり肌によくないのは容易くわかります。

 

このような自己処理を続けるよりも、思い切って脱毛サロンや脱毛クリニックで脱毛を始めるのが、将来への投資になるでしょう。

肌ダメージの強い自己処理脱毛関連ページ

危険なムダ毛の自己処理
自己処理脱毛でダメージを防ぐには